Opera Software
  1. ツールバー
  2. メニュー
  3. パネル
  4. スピードダイヤル
  5. ブックマーク
  6. ウィジェット
  7. メモ
  8. コンテンツのブロック
  9. フィッシング防止機能
  10. BitTorrent
  11. 表示モード
  12. 開発者用ツール
  13. 設定
  14. 詳細設定
  15. スキン
  16. キーボードショットカット
  17. マウスを使う
  18. ボイス機能を使う
  19. メールとニュース
  20. ニュースフィード
  21. チャット
  22. ダイアログ
  23. Opera をバックアップしておく

認証管理設定

Page Down または Page Up を押すとスライドが切り替わります

認証管理

認証管理とはOperaのパスワード管理機能のことです。 認証管理を有効にするとOperaは最初に入力したユーザー名とパスワードを記憶します。

次回そのサイトを訪問するときには、メインバー上の認証管理ボタンか早送りボタンをクリックするだけでログインすることができます。もしくは Ctrl+Enterを押すことでログインすることもできます。

ユーザー名とパスワードはディスクに暗号化されて保存されています。 さらに保護を強化したい場合には「詳細設定」のセキュリティ設定に移動し、マスターパスワードを設定してください。

認証管理機能のパスワードはツールメニューの個人情報の削除から削除することができます。

個人情報

ウェブサイトの中には、名前や住所などの個人情報を入力するように要求するものがあります。 同じ情報をくり返し何度もタイプしてもよいですが、設定画面にてそれらを記憶させることができます。

設定画面にて一度個人情報を入力した後は、テキスト入力欄を右-クリックしてその情報をフォームに貼り付ける、もしくはフォーム内で最初の何文字かをタイプするとドロップダウンボックスが表示され入力する内容を選択することができます。

どのチャットセッションや、メール作成時を含めどのインプットフィールド上でも右-クリックして情報を挿入することができます。フィールド上で右クリックすると 「個人情報を挿入」 というサブメニューが表示され、その中に設定で保存してあるすべての個人情報が表示されます。

Opera が前回入力したフォームフィールドを認識した場合、認証管理機能を使ってフィールドに情報を入力することもできます。認証管理ボタンをクリックするか Ctrl+Enter をクリックしてください。

Tip: 「その他」 のフィールドはフォームに複数入力する可能性のある別の住所や他の個人情報を入力しておくことができます。