Opera Software
  1. ツールバー
  2. メニュー
  3. パネル
  4. Speed Dial について
  5. ブックマーク 
  6. ウィジェット 
  7. メモ
  8. Opera Link
  9. Opera Turbo
  10. コンテンツのブロック機能
  11. フィッシング防止機能
  12. BitTorrent
  13. 表示モード
  14. 開発者用ツール
  15. Preferences
  16. 設定
  17. 詳細設定
  18. スキン
  19. キーボードショートカット
  20. マウスの使用
  21. ボイス機能を使う
  22. メールとニュース
  23. ニュースフィード 
  24. チャット 
  25. ダイアログ
  26. オートアップデート
  27. Opera をバックアップしておく

Opera Turbo

Page Down または Page Up を押すとスライドが切り替わります。

はじめに

Opera Turbo は、低速回線でもブラウジング速度を向上できる無料サービスです。条件が良ければ、ダイヤルアップ接続をブロードバンド回線と同等に変えることができます。回線速度が不安定・不確定な場合には、Opera Turbo を自動設定にすると、Opera 自体が Opera Turbo を有効にするかを決定し、適切に動作します。

Opera Turbo を利用するには、画面左下、ステータスバー左側の Opera Turbo アイコンから行えます。このアイコンをマウスオーバーすると、"Opera Turbo 無効" と表示されます。クリックすると、Opera Turbo を有効化できます。アイコンは緑色に変わり、ページがロードされる度に、ネットワーク速度に関する情報が表示されます。Opera Turbo アイコンを再度クリックすると無効化できます。

Opera Turbo を設定するには、下向き矢印をクリックして、"Opera Turbo の設定" を選択します。ここでは 3 つの選択肢が表示されます。

自動
低速ネットワークを探知した場合のみ Opera Turbo を有効にする
有効
Opera Turbo を利用して低速ネットワークでの読み込みを速くする
無効
Opera Turbo を使用せず、通常通りにページを読み込む(デフォルト)

どちらを選択して良いか判断しかねる場合は、"自動" を選択して下さい。上記のオプションは、設定内の ウェブページ からも選択することができます。

ネットワーク速度に関する通知は、「ネットワーク速度を通知する」の選択で、有効・無効を操作することができます。

Opera Turbo 技術の背景には、ウェブページをサーバー側で圧縮するプロキシサーバーが存在します。画像の質は若干低下しますが、圧縮率は最高 80% にも及びます。画像を圧縮しない状態で閲覧したい場合は、画像上で右クリックし、「画像を元の品質で再読み込み」を選択して下さい。